■許認可を得ていない不用品回収業者!?

横浜市では不用品回収に関するゴミの出し方や取扱いについて、資源循環局がさまざまな注意報を発信していますが、たとえば「マンションなどお集合住宅のポストに投入されていた不用品回収のチラシを見てゴミ処理を依頼したら、軽トラックに積込んでしまっただ後で高額な回収料を請求された」とか、「過去に一度だけ無料回収を依頼したら、その後何度も不用品回収の訪問に来られて困っている」といった苦情が後を絶たないといいます。

こんなときは一度その業者に確認してみましょう。

これは横浜市の規定でもありますが、まず一般の家庭から排出される家庭ゴミは「一般廃棄物」に相当し、そのゴミを不用品回収として集める事業者は、横浜市当局から「一般廃棄物収集運搬業の許可」を受ける必要があります。

不用品回収を行っている業者の中には横浜市からこの許認可を受けずに営業しているケースも多くありますから、それを確認し無許可であれば断る理由ができます。

無許可なので横浜市に通報されるのを恐れ、それを指摘されれば二度と訪問することはなくなるでしょう。

念のためにチラシや軽トラックなど車の番号を控えておき、イザというときは横浜市の資源循環局に通報しておけば取り締まってくれます。

不用品回収を依頼する立場としての注意事項は、「最初に回収にかかる料金を確認しておくこと」、「できれば複数の人が立ち会って依頼すること」、「身元を提示してもらい記録しておくこと」の3点が重要です。

悪質であったり無届けの事業者は、この3点が揃えばまず無茶な請求や言いがかりはしてきません。

携帯カメラなどで本人を撮影するのもGoodな撃退法です。

おすすめ業者=http://www.okatazuke.net/